ヴァイブラサウンド開発者ダン・エステス氏がまとめた「感覚科学テクノロジー」開発の歴史を紹介します。
文責:山田 剛

《 第1世代 》 バイオフィードバック装置

皮膚電気抵抗(GSR)や脳波測定(EEG)によって相関する心身の状態を確認し、リラックス状態を自らコントロールできるようにする装置。

呼吸法や目を軽く閉じて、意識をリラックスさせると、ブザーや虫の音などで、「今、リラックスしてますよ」と合図を送ってくれるマシン。体験者は、これを繰り返し練習することにより、リラックス状態の感覚をマスターする。自分自身でリラックス状態へ誘導しなければいけないので、最初は戸惑うかもしれない。

《 第2世代 》 フローテーション・タンク

ジョン・リリー博士によって開発された、感覚遮断の効果を応用した装置。タンク内に入ることによって、外界から感覚刺激が遮断され、深い内的体験ができる。

マイケル・ハッチソンは、フローテーション・タンクの体験をきっかけに『メガブレイン』執筆に至ったり、リリー博士の開発の経緯は、『アルタード・ステーツ』という映画になったりした。タンク内部には身体が浮遊する特殊な溶液が入っており、外部の音も遮断され、完全に刺激の無い状態が作り出される。


《 第3世代 》 ライト&サウンド・マシン

第2世代とは全く逆の、感覚刺激の原理を応用した装置。マインドスパボイジャーエクセルなど
プログラムされた光の点滅刺激とパルス音を継続して与え、感覚遮断と似たような内的意識体験を誘導する。点滅周波数に脳波が同調するという「周波数同調現象」を応用し、アルファ波やシータ波へ脳波誘導する。

携帯型ブレインマシンとして、日本でも一般化してきた。内蔵されているプログラムの中から、目的に合ったセッションを選択して、目を軽く閉じて体験する。光は、「マンダラ」のように色やパターンが変化し、娯楽性も兼ね備えている。僕は、音楽CDと組み合わせて体験するのが気に入っている。プロスポーツ選手やビジネスマンなど、様ざまなジャンルの人たちに活用されている。

《 第4世代 》 ヴァイブラサウンド

第3世代までの研究をはじめ、各分野の研究を統合して生まれた総合的システム。
視覚、聴覚、触覚(振動)、嗅覚の各感覚器官に同調した刺激を与え、共振させることにより、意識は外的レベルから解放され、より深い「中心の自己」へ向かうという感覚共振理論に基づいている。

体験者の多くが口にする言葉は、「気持ちいい」。体験者は、そのとき身体や心が必要としている状態に誘導されるようだ。睡眠が必要な人はすぐに眠りに入る。ビジョン体験を求めている人は、様々なイメージを体験したりする。

開発者ダン・エステスが、長年かけてまとめ上げた「感覚共振理論カラーチャート」は、宇宙の関連性をきれいなチャートとして見せてくれる。何人かのヴァイブラサウンド体験者が述べた「宇宙との一体感」の理由が、このチャートに示されている。

さらにヴァイブラサウンドを利用した最先端サウンドヒーリング「ハーモニック・レソリューション(HRT)」のサービスも始まった。


米国衛星TV「Supreme Master Television」で放映された
ダン・エステスのインタビュー番組(日本語字幕つき)

ヴァイブラサウンド開発者ダン・エステス本人から
スピリチュアル・テクノロジーの解説を聞くことができる初めての映像です。
日本語訳の字幕もあり、Web上でも視聴できます。
パート1、パート2合わせて、約25分間のロングインタビューです。





HRTセッション体験情報サイト「HRTスタジオ.com」がオープン! 
体験スタジオの最新情報は、下のバナーをクリック!


■リニューアル
ブレインマシン総合サイトはこちらから





体験スタジオ ノイズ瞑想CD ブレインマシン 音声分析 イベント・講座 Webショップ 会社案内

株式会社エムエムエイト
東京都八王子市東浅川町917-4-101
お問合せ Phone:050-1391-2482

Copyright(C) MM Eight Inc. All Rights Reservd.